結婚式には重要な役割のBGM

結婚式では必ず流れると言っていいのがBGMです。
結婚式をあげた経験がある人は知っていると思いますが、結婚式では何曲ものBGMを用意しなければなりません。
BGMを何の曲にするかプランナーさんに任せる人もいると思いますが、自分達で選ぶ人がほとんどだと思います。
自分達で選曲する場合は、2人の思い出の曲や好きな曲にする事が多いでしょうが、別れの曲や失恋の曲はいくら好きな曲であっても避けた方が無難です。
結婚式では乾杯、入場、退場、ケーキ入刀、キャンドルサービス、花束贈呈、手紙等、様々なシーンに合わせてBGMを選曲します。
一般的に乾杯のシーンでは、わりと明るく弾けるような曲が使用されます。
逆に花束贈呈や手紙を読むシーンでは、バラード調や涙を誘うようなドラマチックな曲が使用されます。

私も結婚式を挙げましたが、BGM選びにはかなりの時間を費やしました。
特に歓談時のBGM選びは迷いました。
歓談中はゲストが食事や話しながらリラックスできるような明るい曲で、話の邪魔にならない曲にしようと心掛け選曲しました。

また、具体的な例を言うと、私の結婚式の乾杯のシーンは嵐のLove so sweetを選曲しました。
明るくポップで爽やかな印象の曲です。
手紙を読む時はGReeeeNのキセキオルゴールver.を選曲しました。
手紙を読む時なので、なるべく邪魔をせず、心に響くようなBGMにしたかったのでオルゴールver.にしました。
また、プロフィールDVDやエンドロールでもBGMを使用しましたが、出席したゲストから「写真と曲が合っていて本当に感動した。」との言葉をいただきました。

BGMは結婚式を盛り上げる為の演出の一つです。
選曲の仕方次第で結婚式の雰囲気ががらりと変わります。
その為、BGMは結婚式にはなくてはならない存在です。
BGMを流す事によって新郎新婦はもちろんの事、結婚式に参加するゲストにとっても心に響く、思い出に残る結婚式になる事でしょう。

ページランク別相互リンク集 相互リンクダイレクト 相互リンク 相互リンク募集中